米国の選択肢は2つ!何も出来ない中国!恐怖を感じる北朝鮮!冷静な日本!ノーテンキな韓国!

米国日本に伝えている、北朝鮮に対する解決策は2つ!

中国が北朝鮮を解決するか、米国北朝鮮を攻撃して解決するかだ。

そして米中首脳会談は行われ、米国のトランプ大統領は中国の習近平国家主席に対し、その旨を伝えた。

何も出来ない中国

中国の習近平国家主席は米中首脳会談で米国のトランプ大統領に負かされた。

簡単に言えば習近平国家主席はトランプ大統領に「北朝鮮を何とかしろ!でなければ米国北朝鮮を攻撃し潰す」と言われて帰国したのだ。

そして中国は北朝鮮に対し危険を促すも北朝鮮の金正恩は中国の言うことを聞かない。

結局は中国に北朝鮮を黙らせる核放棄させる気持ちもなければ力もない。

トランプ大統領の目を見て直接は何も言えなかった中国の習近平国家主席は、帰国してからトランプ大統領と電話会談で、平和的な解決をして欲しいと伝えた。

つまり中国の習近平はトランプ大統領を前に何も言えず、電話でなら言える電話番長なわけだ(笑)

自ら北朝鮮に対し解決する気持ちも力もないにも関わらず、米国に平和的な解決を促すなど100億万年早いと言えよう。

何もしない、何も出来ないのなら黙ってろ!と言いたい。

何故なら、米国は中国が解決しなければ、米国が単独で行うとまで言っているのだから黙ってろと言いたい(笑)

恐怖を感じる北朝鮮

口だけ番長の北朝鮮は金正恩。

米国が原子力空母を朝鮮近郊に派遣したことで、「米国本土を核攻撃する」とまで行ってはならぬことを言っている。

これだけ見れば「強気」というイメージが沸くかもしれないが、実はオシッコ漏らしそうなくらいビビっている(笑)

北朝鮮は最高人民会議で韓国は勿論のこと米国や核実験などに関する発表は無かった。

つまり、これ以上はヤバイ!と金正恩も生身の肌で感じているはずだ。

しかも北朝鮮は、最高人民会議で外交委員会の再設置を行った。

つまり、話し合いで解決したいと本心は願っている。

金正恩も人を殺せど、自らが殺されることは怖いらしい(笑)

金正恩は夜もねれぬほど米国からの攻撃を怖れているはずだ。

しかし時既に遅しだろうと思う。

中国の警告に従い核放棄しなければ、米国の攻撃を受けるしかない。

だって、米国は中国が解決しない場合、残された選択肢として攻撃しかないと言及している。

北朝鮮の金正恩は白旗上げるか攻撃され死すかしかないのだ。

冷静な日本

日本は冷静だ。

米国から攻撃の可能性を知らされると、邦人の安全確保のため、慰安婦問題で帰国させていた韓国大使を戻した。

米国に対し、北朝鮮へ攻撃する前には、日米で事前協議をと米国に伝え、米国も了承している。

ちなみに米国は秘密漏洩の恐れがある為、韓国には事前通告しないとしている(笑)

そして、朝鮮半島に向かっている米国の空母など艦隊と一緒に日本の海上自衛隊は共同訓練する。

ノーテンキな韓国

この国はノーテンキと言うか馬鹿というか最悪だ。

最も危険な国であるにも関わらず、危険な状態ではないとする。

それはなぜか?

国家経済が傾いているからだ。

先ず反日行為で根も葉もない韓国人売春婦を日本軍慰安婦だと偽り10億円を詐欺したりする韓国だが、やり過ぎで日本での韓流ブームは消え去り、日本人観光客も消えた。

更に日韓スワップ協定も消えた。

当初は日本人観光客の代わりに中国人観光客が爆買いしてくれていたが、ここに来て韓国のミサイル配備により、完全に中国からイジメを受け、観光客は来ないどころか、中国でロッテは追い出され、自動車部品工場はストップされ、韓国ドラマ配信までストップされる状況で、中韓スワップ協定もいつ消えるか時間の問題だ。

というより、北朝鮮とは違う意味でいつ消えるか時間の問題だと言えよう(笑)

よって、朝鮮有事の噂で更なる観光客が減ったりすると困るのだ。

だから他国の国民の命より自国の経済を選ぶ。

自国の国民の命より自国の金を選ぶ。

そんな鬼畜生みたいな国家なのである。

まとめ

最後に要約す。

北朝鮮問題を解決出来ない中国は、米国に対し平和的解決をと呼びかけるしか能がない状態だ。

米国本土を核攻撃するなどと、米国を怒らせた北朝鮮は金正恩の内心は怖くてオシッコ漏らしている(笑)

日本は、韓国での邦人の救出、北朝鮮からの防衛、集団的自衛権の行使による北朝鮮への攻撃参加など冷静に検討してるようだ。

いずれにしても北朝鮮の金正恩は早かれ遅かれ始末しないと朝鮮半島に平和はないと言えよう。

それは米国のトランプ大統領も理解していると思える。

最後に米国トランプ大統領に願うならば、韓国に対し「日本米国にとって最も重要な同盟国だ!お前も米国に護って欲しかった、根も葉もない事で日本に絡むな!お前が主張する慰安婦は売春婦だったと米国の公的記録である。先ずは即刻反日教育を中止し親日教育に切り替え、米日韓の強固な関係を作れ!助かりたければな(笑)」なんて最後は爆笑で占めて頂きたいね。

最後まで読んで頂き有難う御座いました。

下記のコメント欄は気軽に御利用下さい。

読者様の情報など気軽に追記して下さい。

尚、リンク付は承認制とさせて頂きます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る