右翼から左翼に魂を売った森友学園の籠池理事長!日本の首相と刺し違えるとは大したもんだ(笑)

森友学園の籠池理事長の国会証人喚問が本日行われた。

結果的には、籠池理事長の主観的な証拠なき主張が目立ち、客観的に明らかな証言は無かったように思える。

籠池理事長の答弁には、都合の悪いことは惚けてみせる、曖昧な場面も多く見受けられたが、その他の口調としては下手な政治家よりも、よっぽど上手だったようにも思えた(笑)

しかし、この籠池理事長というオッサン、事の真相と良し悪しは別として、いずれにしても日本国の首相と、一国のトップと刺し違えるなど、ある意味たいしたもんだ(笑)

そもそも籠池理事長は、安倍首相を仰ぐ右翼思考だったように思える。

実際、森友学園で行われていた教育方針に関しては、戦後日本の左教育に比べて、護国愛国主義とも言える素晴らしい教育をしていたと思う。

ところが、今回の件で籠池理事長は、自らの思考を捨てて、左翼らに魂を売ったとしか思えない行動に出た。

そもそも、売国奴政党ら左野党らは、この籠池理事長を嘘吐き呼ばわりしていたにも関わらず、急に嘘吐きという神輿を担ぎ出した。

おそらく売国奴政党ら左野党は、この籠池理事長が正直者だろうが、嘘吐き野郎だろうが、そんなことは何ら一切関係なく、与党にイチャモン言える、我々国民らに仕事している振りが出来るネタが欲しかっただけに思える。

この籠池理事長というオッサンは、まんまと左翼らに担がれたのだ。

用済みになれば意図も簡単に神輿を捨てられることも知らないで担がれてしまったように思える。

いずれにしても、客観的に見て籠池理事長の主張には無理がある。

確かに籠池理事長の主張する通り、裏で誰か政治家が動いたのかもしれない。

この森友学園の本丸は麻生太郎氏で、鴻池氏が安倍政権を潰すために仕組んだとの噂も流れている。

何が真実なのか、それを知るのは誰でもない籠池理事長自身かと思えるが、何を主張しても明らかな証拠が無ければ単なる犬の遠吠えとなる。

私は籠池理事長に言いたい!実際に何があったかは知らないが、左翼だけには神輿を担いでもらったら駄目だ。

昔から左翼は絵を書くのが得意で、結果的に絵を書かれ神輿を担がれた者たちは落ちていくしかないのである。

もともとは護国愛国主義を護国愛国教育を推奨していた籠池理事長だけに、最後の最後まで己の信念を、護国愛国主義を貫いて頂きたいと願う。

とは言っても、時既に遅しかな(笑)

最後にもう一度だけ言っておくが、この籠池理事長が行ってきた数々の虚偽行為や他に対する責任転嫁は深く反省し改めるべきだと思うが、一国の首相と刺し違えるなど、なかなか普通の国民が成せる技ではない。

よって、違う意味で籠池理事長のオッサンは凄いと思う(笑)

しかしながら、左翼らに魂を売り、極左らに己の神輿を担がれたことが人生の汚点になるだろう(笑)

最後まで読んで頂き有難う御座いました。

下記のコメント欄は気軽に御利用下さい。

読者様の情報など気軽に追記して下さい。

尚、リンク付は承認制とさせて頂きます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る