中3女子の胸に包丁2本が刺さった状態で発見も死亡!男は首吊り自殺!大阪市西成区天下茶屋!

28日午後6時45分頃に、大阪府大阪市西成区天下茶屋にある集合住宅の一室で、住人である中学3年生の女子生徒(15)が「血を流して倒れている」と119番があった。

通報を受けた大阪府警西成署員が駆け付けたところ、中学3年生の女子生徒と20代と思われる男性が倒れており、2人とも搬送先の病院で死亡が確認された。

大阪府警西成署によれば、中学3年生の女子生徒は男性と交際していたようで、両親と共に4人で暮らしていたという。

中学3年生の女子生徒は胸に包丁が2本も突き刺さった状態でベッドの上に倒れていたという。

男性は同じ部屋のドア付近で、ベルトのようなものを首に巻いた状態で倒れていたらしい。

大阪府警西成署は、男性が中学3年生の女子生徒の胸を刺して殺害した後、自ら首つり自殺を図ったとみて調べている。

大阪市西成区天下茶屋と言えば、治安が悪い地域で有名だが、中学3年生の女子生徒が20代の男と同棲していたなど驚きだが、親公認で4人暮らしというのも更に驚きだ!

殺人鬼と中学3年生の女子生徒の娘の同居を認めていた、殺人鬼を家に住まわせていたことに対し、悔やんでも悔やみきれないだろうが、親の責任は思いだろう。

最後まで読んで頂き有難う御座いました。

下記のコメント欄は気軽に御利用下さい。

読者様の情報など気軽に追記して下さい。

尚、リンク付は承認制とさせて頂きます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る