NHKが中国国旗の下に日本国旗!NHK受信料は中国へ?NHKは中国の公共放送?

NHKが、売国放送した。

NHKは3日に放送した番組「ニュースウオッチ9」の中で、日本の国旗を中国の国旗の真下に表示したのだ。

このことで、岸信夫外務副大臣は参院内閣委員会で、NHKが事実上、売国放送した件で「下の国旗は下位、服従、敵への降参などを意味し、外交儀礼上、適切ではなく、あってはならない」と述べた。

当然だ。

続いて、自民党の有村治子参院議員は「NHKはどこの国の公共放送か」と怒りを表した。

当然だ。

これに対し、NHK広報部は「上空を飛行する中国機に対し、スクランブルをかける自衛隊機のイメージをわかりやすく示すため、両国の国旗と機体の画像を使って放送した。国の上下関係を示す意図はなかった」と釈明しているが、仮にも日本国の公共放送でありながら、日本国民から受信料を徴収し運営しながら、日本国旗を中国国旗の下に配置し放送する売国放送は決して許されない。

NHKに売国放送の意図があろうがなかろうが、それを知り不快に感じた日本国民が居る以上は、言い訳する暇があれば、先ず日本国旗の下に中国国旗を配置しながら謝罪の放送をすべきだ!

今回の件で日本国民は「俺達が、私たちが、支払っているNHK受信料は中国に流れているのか?」と感じたはずだ。

最後まで読んで頂き有難う御座いました。

下記のコメント欄は気軽に御利用下さい。

読者様の情報など気軽に追記して下さい。

尚、リンク付は承認制とさせて頂きます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る