栃木県の雪崩事故で全員死亡確認!死亡者8人全員の氏名や年齢など栃木県警が発表(記載あり)!

昨日27日午前8時30分頃、栃木県那須町湯本の那須温泉ファミリースキー場で雪崩が発生した。

この時に登山の講習会に参加していた栃木県立大田原高校の16~17歳の男子生徒7人と男性教員1人の計8人が心肺停止で発見され搬送先の病院で死亡が確認された。

春山とは言え雪深い山であり、雪をかき分けて進む「ラッセル訓練」の途中で雪崩が発生し巻き込まれたという。

栃木県警では、引率した教員らの判断にミスなどが無かったのか否か、業務上過失致死傷容疑を視野に捜査を始めたという。

県警によると、死因はいずれも圧死だった。雪の重みで呼吸ができなくなったとみられるという。

栃木県教育委員会によれば、登山講習会は栃木県高校体育連盟主催の春山安全登山講習会だったという。

積雪のある時期の登山に対して理解を深めて事故防止に役立てる目的だったそうで、25日~27日の日程で大田原を含む栃木県内7校の山岳部1、2年生らと教員計62人が参加していたという。

事故防止が目的で事故に遭うとは正しく「本末転倒」であり、主催者らの責任は重いと言える。

この雪崩事故で記者会見した栃木県教育委員会の宇田貞夫教育長によれば、27日は茶臼岳への往復登山を予定していたが、雪が激しく降る悪天候だった為、午前6時に中止を決定したという。

その後、午前7時半になってゲレンデ周辺で、当初の予定にはなかったラッセル訓練をすることにしたらしい。

生徒40人と教員8人の計48人が午前8時から5班に分かれて訓練していたそうだが、その途中に雪崩が発生し巻き込まれたという。

ちなみに大田原高校の班が先頭になって進んでいたとみられている。

栃木県は27日午前10時に災害警戒本部を設置した。

陸上自衛隊に災害派遣を要請し、福島県やさいたま市の消防も救助活動に加わった。

栃木県内の災害派遣医療チーム(DMAT)も出動し、栃木県の消防防災ヘリやドクターヘリが緊急搬送にあたった。

栃木県教育委員会の宇田教育長によれば、登山講習会は毎年この時期に開催し「これまで10年以上はこうした事故はなかった」とコメントしているが、実際に事故が起こった後で過去の結果を述べても言い訳にしか聞こえない。

登山講習会を主催した栃木県高校体育連盟の橋本健一会長は「春山は残雪が多く非常に危険なため講習会は重要だ」とコメントしたようだが、重要なのは危険に遭遇させないことであり、何を言っているのか全く理解に苦しむ。

栃木県警によれば、この雪崩事故で死亡が確認された8人の他にも、訓練に参加した生徒と教員の計40人全員が負傷したという。

その内の男子生徒2人が重症で、男子生徒4人と教員1人の計5人が骨折などの怪我をしている。

宇都宮地方気象台によると、雪崩事故現場となったスキー場のある那須町には、26日午前から27日にかけて雪崩注意報や大雪注意報が発令されていた。

つまり!

栃木県教育委員会の宇田教育長がコメントした「これまで10年以上はこうした事故はなかった」に絡めると、栃木県教育委員会の宇田教育長は「これまで10年以上はこうした事故はなかったから、雪崩注意報や大雪注意報が発令されていたけど、問題ないと判断した」と言っていることになる。

登山講習会を主催した栃木県高校体育連盟の橋本健一会長がコメントした「春山は残雪が多く非常に危険なため講習会は重要だ」に絡めると、栃木県高校体育連盟の橋本健一会長は「春山は残雪が多く非常に危険なため講習会は重要だ!よって雪崩注意報や大雪注意報が発令されていようが関係ないと判断した」と言っていることになる。

本来ならば言い訳(うんちく)などせず、真摯に「雪崩注意報や大雪注意報が発令されていたにも関わらず、取り返しの付かないことをしてしまった」と土下座すべきである!

まぁ、中国や北朝鮮を見れば理解できると思うが、基本的に左翼らは詫びない。

それでは最後に栃木県警が発表した、この度の雪崩事故により亡くなられた方々の詳細を記載しておきます。

  • 矢板市荒井、高瀬淳生さん(16)
  • 那須塩原市東豊浦、浅井譲さん(17)
  • 大田原市狭原、佐藤宏祐さん(16)
  • さくら市氏家、奥公輝(まさき)さん(16)
  • 高根沢町宝積寺、萩原秀知さん(16)
  • 那須塩原市大原間、大金実さん(17)
  • 那須町寺子丙、鏑木(かぶらぎ)悠輔さん(17)
  • 大田原市本町1丁目、毛塚優甫(ゆうすけ)さん(29)

心よりご冥福を心よりお祈りいたします。

最後まで読んで頂き有難う御座いました。

下記のコメント欄は気軽に御利用下さい。

読者様の情報など気軽に追記して下さい。

尚、リンク付は承認制とさせて頂きます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る